NEWS

2019.5.10

OPENSAUCEと金澤町家料亭壽屋の新たな取り組みについて

料亭という場の価値創造

このたび、株式会社OPENSAUCE(金沢市昭和町 代表取締役社長 宮田人司)と株式会社金沢寿屋(金沢市尾張町 代表取締役社長 山縣秀行)は、江戸末期から平成と五つの時代と人を見守ってきた金澤町家料亭壽屋をクリエイティブの場として協業して再構築し、令和の時代へと繋ぎ、新たな価値を創造して行くことで合意しました。

料亭は、素敵な空間と料理、おもてなしの心、継承されて来た文化、守り手の心、様々な素晴らしい体験を訪れる人に提供してきました。ある書家は料亭で筆を走らせ大胆な作品を生み出し、また、ある経営者は本来まとまらない話を、料亭の生み出すこれらの力を借りてまとめあげてきました。歴史的にも数々の逸話が料亭で生み出されたと伝承されています。

料亭は、単に食事をするための空間ではなく、人と人とが料理や素敵な体験を通じて心を通わせ、警戒心を拭い去りコミュニケーションすることで、新しい解を導き出す、とてもクリエイティブな場であり、文化と知識の交流の場であったと考えています。

今回の取り組みで私達は、料亭本来が持つ本質的にクリエイティブな場の力を借り、コミュニケーションを誘発する場として再構築することで、新たな価値の集積と発信を行って参りたい所存です。
私共の活動に、どうぞご期待ください。

※活動内容の詳細は検討事項が決定次第、随時発表をさせて頂きます。

株式会社OPENSAUCE 代表取締役社長
Mistletoe株式会社 CCO

宮田 人司

株式会社金沢寿屋 代表取締役社長
山縣 秀行

OPENSAUCE Inc.について

株式会社OPENSAUCEはMistletoe株式会社が推し進める活動のパーマカルチャー領域を担う企業です。食は私達の日々の生活に於いて、必ず中心に存在していると言えます。
全ての人が、何の心配もせずに、健康的で、おいしく、楽しく食事ができる未来をつくるため、世界に無数に存在する「食にまつわる遺伝子のすべて」をオープンデータ化し、体験として進化させながら後世に残して行くプロジェクトです。その活動範囲は食農の分野に於いて長期間かつ多岐に渡りますが、解決すべき課題に積極的に取り組んでいきます。株式会社OPENSAUCEでは子会社の農地所有適格法人【株式会社KNOWCH(ノウチ)】で新たな農業のノマドプラットフォームを展開し、金沢片町に大型レストラン【A_RESTAURANT】そして大野にクラフト・ジンの蒸留所を準備しています。

金澤町家料亭壽屋について

大正10年、上新町に精進料理専門店として創業。
昭和8年に、もと羽二重問屋の商家として使用されていた現在地の町家に移転。
金沢市指定保存建造物である建物の原型は、江戸時代末に建てられた町家で、その後、明治、大正、昭和、平成と各時代に増改築を加えて現在の姿となっている。平成に入り、三代目当主が加賀料理(会席料理)を献立に加え、祖業である精進料理の精神を尊び、素材本来がもつ味わいを活かした料理が、県内外のお客様にご愛顧いただいている。

近年は、開かれた料亭をテーマにした様々なイベントの開催や、和婚の枠にとらわれない新しいスタイルの結婚式・披露宴を提案するなど、従来の料亭の範疇を超えた、多角的な取り組みを積極的に展開している。

Mistletoeについて

Mistletoeは、2013年孫泰蔵により、世の中をより良くして行きたいという想いで設立されました。起業家や、今までにない革新的な方法で世の中を変えていく人々を集め、社会課題を問いかけ、プロジェクトを設定し、イノベーションを醸成する環境を創り、包括的かつ根本的な課題解決を狙っています。活動領域は、スタートアップ支援、事業開発・投資、研究開発・支援、学びの場の創造など多岐に渡り、14カ国、150以上の組織とともに、幅広い活動を行っています。
私達は自らを、Collective Impact Communityと呼んでいます。

https://mistletoe.co/

本件に関するお問合せ

株式会社OPENSAUCE 中川/本間 
076-201-8010